顧客理解を深める3つのCDP活用術

入力
確認
完了

CDP(Customer Data Platform:顧客データ基盤)とは、顧客一人一人の属性や行動データを収集・統合し、管理・分析するための基盤です。この基盤を活用することで、データというファクト(事実)に基づきながら、個々の顧客に対する理解を深め、マーケティング活動や商品企画の精度を高めたり、顧客サービスや商品のあり方を根本的に変化させたりすることが可能になります。ところが、このCDPをどのように活用したら有効なのかという基本的なところが意外と知られていません。

そこで本誌では、CDPによって成果を上げている企業の事例をもとに、CDPの活用術を3つご紹介いたします。それを通じて、CDPが企業にもたらす価値を明らかにしていきます。

主な紹介概要

  1. 顧客の行動データからインサイトを導出
    • 事例:消費財メーカー
    • 課題:顧客の潜在欲求に語りかけるコミュニケーション
  2. CDP-MA連携で顧客とのコミュニケーションを最適化
    • 事例:アパレル小売
    • 課題:チャネルごとの顧客管理の統合によるコミュニケーション
  3. 顧客データの鮮度アップで営業支援を強化
    • 事例:保険会社
    • 課題:顧客のライフステージを把握した提案
  4. 理想的なTreasure Data CDP活用イメージ
    理想的なTreasure Data CDP活用イメージ

資料ダウンロード用フォーム

入力例:0312345678

目的 / 用途必須
個人情報の取り扱いについて新しいウィンドウが開きます必須